2012/10/25

因果応報

本日新作リハ3回目。演出助手の山崎恭子ちゃんが来てくれました。
彼女は造形大の後輩で、自身もダンサー、演出家として活動しています。

今日は松尾さんがお休みだったので、松尾さんの代役を・・・と思ったら松尾さんがいつも着てるのと、全く同じような柄の稽古着やって、笑ったなぁ。

しかしこうやって大学の仲間が卒業後も、ダンスを通じて繋がっていけるのは嬉しいことです。
恭子ちゃんに関しては在学期間は被ってなかったにせよ、あいだに倉田、松尾世代を挟むことによって繋がっています。

物事は単独ではなく、必ず何かの因果関係が相まって動くと言いますが、自然現象、歴史もさることながら人間関係もまた然り。
造形大という“因果”が今の稽古がを動かしています。因果って書くと、なんだか因縁めいて大げさですが・・・

しかしながら2003年に造形大に映像・舞台芸術学科が出来てから来年で10年が経とうとしています。
手前味噌ですが、このことは確実に日本の舞台芸術界に影響を及ぼしていると思っています。
学科創設者であり、学長でもあった故 太田省吾さんの意志を継ぐ者が、今も舞台芸術を通じて繋がっていて、それが大きなうねりとなって時代を振動させ、何かしら有益な動きを生み出していくと信じていますし、それが今の僕にとっての励みでもあります。

今回の創作の日々から生まれるうねりが、お客さんの心に良き振動を与えますように。
そしてそれが、小さくてもその次の動きを生み出しますように。
今はその始まりとなる、初期微動を探している最中です。

2012/10/23

新作リハーサルスタート

久々のブログ更新です。
やはり、創作を始めるとその日のことをまとめたくなるのでしょうか?ツイッターやFacebookでは済まない、自分の記録として、文章を書きたくなります。

と、いうことで、とうとう京極朋彦ダンス企画新作のリハーサルが始まりました。
今回はschatzkammerという京都の団体とのコラボレーション企画です。

schatzkammerとはダンサーの夏目美和子さんとデザイナーの森本達郎さんのユニットで2001年に結成され、京都を拠点に活動されているダンスカンパニーです。

今回はそのschatzkammerさんに僕がダンサーで参加する作品と、京極朋彦ダンス企画が振付けた作品の二本同時上演です。

schatzkammerさんは毎回、舞台美術が豪華ということで有名ですが、今回はその森本達郎さんが制作される舞台美術をschatzkammer作品、京極作品が共通に使います。
つまり、同じ美術で違う作品が見られるという面白い機会です。

京極作品には倉田翠、松尾恵美の二人が参加。女性デュオです。
前回のカンパニー初作品に出演してくれた、強力な女性陣を迎え、新たな創作に挑みます!

カンパニーを持ってよかったと思うのはやはり、作品を通して、時間をかけてメンバーの体を知って行けるということです。前回は初めてで、てんやわんやでしたが、今回は同じダンサーとご一緒させてもらえるので、その経験を直に生かすことができそうです。

ともあれ、作品作りは楽しい!
ソロ作品を作り、いろんな場所で上演させてもらうことや、海外に行くこと、ワークショップをさせてもらうことも楽しいし、すごく勉強になるのですが、やはりそれらの経験は全て、稽古場での創作のためにあるという気がします。

作品創作は僕のすべてをつぎ込むことのできる場であり、ここでの自由のために様々な苦労がある。
そして、この狭い稽古場が僕と世界とを繋げていくという希望も、そこにあります。

振付、演出に徹するのは初めてなので、僕の見たい世界を、思う存分作りたいと思います。
いい作品にするぞ!